≫ 退職後のお金の不安を減らす方法を知る

職場の人間関係で孤立しても気にしない!よくある5つ特徴と対処法!

クマサン

入社したから時間が経つけど職場で孤立したままだ。

このまま孤立していて、これからずっと先やっていけるだろうか?

職場の人間関係で孤立してしまうと、仕事にもどう力を入れたらいいか分からなくなりますよね。

孤独が及ぼす健康へのリスクは、肥満者の死亡率の2倍のストレスを与えるといわれています。

できれば、職場の人間関係は深く捉え過ぎずに気にしないようにできれば一番です。

しかし、真面目な人ほど重く受け止めてしまうことで適応障害やうつ病の発症リスクが高くなり、それが積み重なることで人生にも大きな悪影響を及ぼします。

もし、すでに体調に異変が出始めている場合、早く誰かに相談したり、自分の考え方や行動を変えていくことが大切です。

今回はそんなあなたに、職場の人間関係で孤立してしまう人の特徴や対処法について紹介します。

ピックアップ

職場の人間関係で孤立して追い詰められている場合、 の電話占いサービスによって外に吐き出せない胸の内の悩みも相談できますよ。

24時間いつでも利用可能で、このページ限定の初回登録3,000分無料クーポンもあるので30分ほどであれば、実質無料で気軽に相談できます。

いまの職場の悩みや将来への不安を誰かに相談するだけでも頭の中がスッキリとしてきますよ。

目次

職場の人間関係で孤立してしまう人の特徴

神経質すぎる

職場の人間関係で孤立してしまう人の特徴の一つに、仕事に神経質すぎるところがあります。

神経質なことにより、相手と自分の間で許容できるポイントが違うため、相手にも自分の基準を押し付けてしまいって嫌われてしまいます。

特に、

  • 細かいところまで気になる
  • 他人からずっと神経質と言われる
  • 無自覚に相手粗探しをしてしまう
  • 周りが見えなくなるほどこだわる

このような特徴がある人は、知らず知らずのうちに相手に距離を置かれていることがあるため、注意が必要です。

人見知りしてしまう

転職や部署異動などで、新しい環境になったときに人見知りをよくしてしまう人も孤立しやすい特徴の一つです。

職場に入ってきた新人で自分から話しかけにくいかもしれませんが、自ら話さないとお互いに様子をみてしまうことで孤立しやすくなってしまいます。

  • 自分から話しかけられない
  • 話しかけるより話しかけられるのを待つ
  • 複数人だとより話せなくなる
  • 苦手な人を無意識で避けてしまう

このような態度で自分から話しかけることができず、いつも相手の出方を伺ってしまうと、

「あまり話したくない性格なのかな?」

と敬遠されてしまっているかもしれません。

最初に職場に入ったときこそ、きっかけを逃さないようにしないと孤立しやすくなってしまいます。

職場で必要以上に話したくないという人もいますが、お互いの人間関係を確立してからでないと、浮いてしまう原因にもなるので注意が必要です。

マイナス思考が強い

マイナス思考が強く、自分に自信がない人も職場で孤立してしまう原因を自分で作ってしまいます。

なぜならマイナス思考が強いと、何か失敗したり注意されると自分が全部悪い、職場にいない方が上手くいくと自ら壁を作って孤立の原因を作るからです。

  • 嫌われていると思い込む
  • 何かすると失敗すると思う
  • 自分が職場にいない方が良いと思う
  • 職場に味方がいないと思う

こんな内容が常に頭をよぎるあなたは、周りが思う以上にネガティブに捉えてしまいます。

マイナス思考に囚われると、職場のストレスが蓄積するとともに周りが怖くなって、自分が何もできない無能だと悩んで何も行動することが出来なくなってしまいます。

感謝や謝罪を言葉にできない

職場の人から何かしてもらったときに、感謝やお礼、謝罪について言葉にできない人も孤立してしまいます。

このような態度の人は、

  • 少しのことならわざわざ感謝しない
  • 常に自分は悪くないと思う
  • 言わなくても感謝は態度で伝わる

職場の人から孤立するだけでなく、あらぬ誤解を受けたり信頼を失ってしまうきっかけになってりしてしまいます。

自分にとっては少しのことと思っていても、はっきりと言葉に出すことでお互いに認識できることもあるので、感謝や謝罪の言葉を伝えることは大切です。

場の空気を上手く読めない

職場の空気を上手く読めない人も孤立してしまう特徴の一つです。

このような傾向がある人は、

  • 気付いたらみんな忙しそう
  • 気が利かないと言われる
  • 場違いな発言をしてしまう

気づかないうちに、職場の人を傷つけてしまっている可能性があります。

そのような周りが見えていない発言や行動によって、周囲から敬遠され職場で孤立してしまうことになってしまいます。

職場の人間関係で孤立したときは気にしない

職場の人間関係は基本的に良くないものとして捉える

仕事を行う上での考え方として、職場での人間関係は良くないことを基準として業務に取り組んだ方が、職場での人間関係に悩まされずに日々の業務に集中して取り組むことができます。

過去にクマサンも3回転職していますが、どこの職場でも上司や同僚との間での人間関係の悩みはありました。

いまあなたが体調に支障をきたすほど追い詰められている場合、環境を変えてストレスをなくす必要はありますが、理想の職場を追い求めるよりも職場への考え方をまず変えてみることも必要です。

クマサン

どの職場でも人間関係は難しいです。考え方や行動を変えていこう。

職場のストレスを溜め込まない

よく言われているのが几帳面で真面目な人ほど、ストレスをまっすぐに受け止めて溜め込んでしまう傾向にあるため、うつ病になりやすいということです。

「職場で孤立してしまった、どうしよう」と平日の夜や休みの日まで悩みごとを頭で考え続けると、負の連鎖でストレスは増え続けるばかり。

そんな職場のストレスや不安を解消するためにも、以下のような行動に移してみましょう。

  • 朝に少しでも早起きして散歩してみる
  • 職場での悩みを書き出す
  • 職場の全員と仲良くしようとしない
  • 家族に悩みを相談する

そして、なるべくその日に受けた職場のストレスは、夜にリセットして翌日に持ち越さないようにすることが大切です。

職場の人間関係で孤立してしまったときの対処法

いまの職場に孤立の苦手になってしまった人がいる場合、その人の性格自体を変えることはできません。

しかも。あなたの苦手意識は相手にどこか伝わってしまいます。

そのため、互いに苦手意識を持ってしまうという負の連鎖が起きてしまいます。

クマサン

こっちは嫌ってないと思い込んで対応しても、余計に悪化してしまうことってあるんです。

あなたがいまできることとして、相手の性格や行動が変わるを待つのではなく、まず自分の行動を変えることで、職場での孤立に対処していきましょう。

具体的には、以下のような行動で対処していきましょう。

仕事に集中して成果を出す

職場で孤立しているとはいえ、もともと会社とは仕事をする場です。

精神的に可能ならば、職場の人間関係には深入りせずに、より一層仕事に集中するというのも一つの対処法。

あなたが人間関係に深入りせずに仕事に集中して成果を出すことで、社内で一目置かれる存在となります。

その結果として、職場の周囲もあなたを見る目が変わるということもあります。

相談できる人を1人作る

職場で孤立しながら仕事をし続けるのは、精神的に耐えられないという人は、職場に相談できる人が誰もいないことが予想されます。

職場全員と仲良くする必要はないですが、誰か1人だけでも話せそうな人に思い切って相談してみることで、問題解決につながるケースもあります。

第三者に悩みを相談してみる

職場の人間関係で孤立しているというのは、社内でも家庭でも言いだしにくい内容です。

そのため、あえて何の事情も知らない第三者にいまのあなたの職場での悩みを相談することで、抱えてるストレスの一部でも解消できるようにすることが大事です。

特にの電話占いサービスを利用することで、深刻な胸の内の悩みもかんたんに相談することができます。

24時間いつでも利用可能で、このページ限定の初回登録3,000分無料クーポンもあるので30分なら、実質無料で気軽に相談できます。

職場の悩みや将来への不安を誰かに相談するだけでも日ごろのストレスが解消されて心が軽くなりますよ。

クマサン

30分無料で相談できるなら、まずは で試してみるのもありですよ!

職場の人間関係の孤立に耐えられない場合、環境を変える

結局、職場の上司も同僚もあなたの人生の責任を取ってはくれません。

既にあなたが心を壊す寸前まで追い込まれているならば、前向きに環境を変えるために行動することが人生を変えるきっかけになります

孤立している職場から転職する

環境を変える場合、いきなり無職になると不安ですよね。

無職期間が続くとすぐに貯金が底をついてしまうという方もいます。

あなたにまだ精神的余裕がある場合、在職中に次の会社を見つけてから辞めた方が後悔が少なくなります。

これまでに転職活動を行ったことがないという方は、現在のあなたに転職市場でどのぐらいの価値があるのか、無料の転職サービスであるミイダスで確認することができます。

このサービスを活用することで、あなたが実際に転職すると考えた場合、企業からどのぐらいオファーがくるのか、市場での想定年収はいくらあるのか?など一目でわかります。

また、誰かと相談しながら転職活動を進めたい方は、JAC Recruitmentなどの転職エージェントに相談することもできます。

それによって職務経歴書の作成方法や市場動向、スキルなどを教えてもらいながら、本当に合った転職先をじっくり探していきましょう。

孤立している職場を退職する

いまの職場の人間関係で孤立していて、すでに症状が出るまで精神的に追い詰められている人は状況が異なります。

孤立してままで身体にまで症状が出るまで我慢することは、あなたのこれからの人生に良い影響を与えません。

その場合、まずは心を休ませるために職場を休職できるように動きましょう。

休職の結果、症状の回復や、職場が周りとの孤立を緩和するような配慮があればまだいいです。

しかし、改善が望めない場合はこれ以上我慢せずに会社を退職するために動いていきましょう。

あなたが休職しても何も変わらない、孤立した職場からすぐ抜け出したい

だけど、上司や周りになんて言われるか怖い。

退職なんて怖くてとても言い出せないという場合、労働組合法人が運営するなどの退職代行を活用するという手段もあります。

クマサン

現状のまま悩んでいてもストレスは溜まる一方。行動して環境を変えよう!

まとめ|職場の人間関係で孤立しても気にしないことが大事。耐えられない場合、環境を変えよう!

今回は、職場の人間関係で孤立する人の特徴や対処法について説明してきました。

人間関係で孤立する人には共通の特徴がありますが、職場に合う合わないという要素もとても大きいです。

もしあなたがいまの職場の人間関係で孤立していることで、追い詰められているなら、すぐに環境を変えるための行動に移さないと後悔することになります。

その上で、今後のあなたにとって過ごしやすい人生を手に入れるために行動して、現状を抜け出せるようにしていきましょう。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる