おすすめの退職代行サービスランキングはこちら

退職代行は逃げになる?恥ずかしい?悩むあなたにこそオススメの理由

クマサン

会社を辞めたいのに上司や同僚に何て言われるだろう。

もし会社に辞めたいと言っても拒否されるんじゃないか。

辞めたいことも言えない自分がだんだん嫌になってくる。

このようなお悩みをあなたに伝えたいことは、退職代行を利用することは決して恥ではありません

クマサンも過去に人間関係で退職を悩みすぎて病気になり、長く苦しんだ経験があります。

いま退職しようか我慢しているあなたにはそうなる前に動くことで、前向きに人生を変えていってほしいです。

今回はそんな退職代行の利用を悩むあなたにこそオススメする理由を説明します。

ピックアップ

既に辞めることに悩みすぎて精神的に追い詰められている場合、 なら周りを気にせず安心して任せることができます。

いまは辞めることで頭がいっぱいで不安に押しつぶされそうな日々ですが、代行サービスを利用することであなたの心も軽くなりますよ。

目次

退職代行の利用は逃げ?恥ずかしい?そうではない明確な理由

退職代行の利用検討者は約45%もいる

2021年実施の日本労働調査会による「退職代行サービスに関するアンケート」によると、

退職代行は、利用する人が19.8%、利用するかもしれない人が24.9%、合計で約45%の人が退職代行の利用を検討するほどのサービスとなっています。

このように退職代行サービスの利用検討者が多くなってきている現状なので、退職代行の利用を逃げや恥ずかしいとあなたが感じる必要は全くありません。

退職することは個人の権利

会社に雇われているといっても、日本国憲法第22条に記載されている通り、個人の職業選択は自由であって退職も個人の権利です。

退職すること自体は個人の権利ですが、民法では雇用期間の定めのない正社員の場合、申し出から退職まで2週間必要と記載されています。

しかし、退職代行の場合は担当者が会社との間に入って退職の手続きを行ってくれるので、あなたが即日から出勤することなく、あとは担当者間のやり取りで進めることができます。

(期間の定めのない雇用の解約の申入れ)

第六百二十七条 当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

出典:e-gov 「民法第627条」から引用

そのように退職代行を利用してもルールに従って退職手続きを進めてくれるため、後ろめたさを感じる必要は全くありません。

職場環境により退職を言えない場合もある

あなたが勤める会社によっては、「パワハラをしてくる上司が怖くて退職なんて言えない」「退職したいと言っているのに認めてくれない」といったケースも多くあります。

そのようなブラックな職場で、精神的なプレッシャーを受け続けて追い詰められてしまうと、退職するよりも先にあなたが心を壊してしまう可能性が高いです。

そんなあなたにこそ、退職代行の利用は逃げでも、恥ずかしいことでもないので、今すぐに職場を抜け出して前向きに人生を歩んでいきましょう

退職代行を利用することのメリット

退職者の心理的ストレスを減らせる

退職を考えていてなかなか会社に言い出せない人は、退職を言い出せないストレスで、次第に自分の心を追い詰めていってしまいます。

本来、自分の人生を前向きに生きられる時間なのに、辞める会社のことをずっと考えてしまい、前に進めないということは、あなたの人生の貴重な時間を捨てていることと同じです。

会社を辞めるか悩み続けるより、一刻も早く退職代行サービスの利用であなたの心理的負担をなくし、前向きに人生を歩んでいけるようにしませんか。

会社との退職手続きが不要

退職代行を利用することで、指定した日に担当者が会社へ退職の連絡をするだけで、あとは会社と担当者との間で手続きを進めてくれます。

あなたは会社からの書類など郵送でやりとりするだけで済むため、もう上司や周りの同僚とも顔を合わせずに退職までの手続きが完了します。

退職代行の利用は転職先や親にも分からない

退職代行を利用するときに、「転職先や転職活動にどう影響するか」「親にはバレないか、何ていったらいいかな」と思うこともあるかもしれません。

退職代行を利用した場合には、退職のやりとりは担当者と会社の人事労務担当者のみとなるため、基本的に親や転職先に分かることはありません。

退職代行を利用することのデメリット

費用がかかる

退職代行は、自分の代わりに退職の手続きを代行してくれるサービスなので費用が発生します。

しかし、 これからも辞めることを言えずに心を消耗するより、お金を払ってでもあなたが会社に言えなかった退職という手続きを代わりに行ってもらう方が、新しい道に早く歩み出せる可能性があります。

会社内でのあなたの話題が出る

退職代行を利用して辞めることになると、会社内で話題に上がると思います。

クマサンもこれまで3回の転職経験があり、同僚の退職も何度も経験しているので辞めた人がうわさになったり、話題にも上がります。

ただし、基本的には会社を辞めた人の話は何日も続きません。

そのため、あなたが退職代行を利用して辞めることになった場合、会社の人たちからどう言われるか気にする必要は一切ありません。

あなたのように真面目で責任感が強いからこそ、退職代行を利用すると周りから逃げた、恥ずかしいと感じてしまっていませんか?

あなたの一度しかない人生なので、いまの会社を辞められないまま心を壊してしまったら非常にもったいないです。

どうしても会社に退職が言い出せないなら、少しでも早く人生を好転されるために退職代行サービスを利用しましょう。

退職代行の手続きは?

退職代行の手続き方法ですが、労働組合法人が運営する退職代行SARABAを例に説明します。

退職代行SARABAの手続き方法
STEP
公式サイトにアクセス

公式サイトにアクセスすると退職代行SARABAの特徴を読みながらLINEマークをクリックしましょう。

STEP
電話 or LINE or メールで申し込み相談

すぐに退職したい、もう会社に連絡したくない、有給も全て取得して欲しいといった相談も全て可能です。

STEP
料金の支払い(クレジットカード or 銀行振込)

料金支払いは各種クレジットカードや銀行振込で行います。追加費用は一切かかりません。

STEP
支払い完了後、担当者との打ち合わせ開始

料金の支払いが完了すると、担当者からヒアリングシートが送られてくるので記入します。

STEP
依頼日に担当者から会社から連絡

担当者との打ち合わせが終わると、依頼日に担当者から会社へ退職の連絡を行います。

STEP
退職

退職が完了するまで担当者が会社との間で必要なやり取りを行います。

その間あなたから担当者へは電話・メール・LINEで回数無制限で相談することができます。

このステップを見てわかるように、あなたは最初に担当者と申し込み相談を行うだけで、あとは担当者が会社との退職の手続きに関するやり取りを行ってくれるので簡単です。

ちなみに退職代行業者をどこにすればいいか迷っている方は、安心・確実に退職できる退職代行SARABAを選んでおけば間違いありません。

も含めて、ランキング形式で厳選比較している記事も参考にしてみてください。

まとめ|退職代行は逃げや恥ずかしいと悩む人こそ利用すべき

ここまでは、退職代行の利用に悩むあなたにこそオススメする理由について説明してきました。

退職代行は、会社を辞めることを言えずに心を壊すほど深く悩むくらいならすぐに利用すべきサービスです。

会社への悩みが身体への症状として出るほど深刻化する前に行動してください。

このまま会社を辞めることは逃げになると悩み続けるのでなく、今後の人生を前向きな人生へと変えるチャンスとして退職代行を活用しましょう。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる