おすすめの退職代行サービスランキングはこちら

職場の人間関係に深入りしない方が良い|体験談と5つの理由と対処法

クマサン

職場の人に仕事以外のことをいろいろと話したくないな。

仕事とプライベートはしっかりと分けたいけど、具体的にどういう風にしようかな。

この記事では、こんな悩みを持つあなたに職場の人間関係に深入りしない方が良いという事例を交えて、理由や対処法を紹介します。

●本記事の内容

  • 職場の人間関係に深入りしない方が良かった事例
  • 職場の人間関係に深入りしない方が良い理由
  • 職場の人間関係に深入りしない対処法

職場の人間関係に深入りしてしまうことになると、プライベートなことまで聞かれたり、余計なストレスを抱えてしまうことになってしまいますよね。

結論からいうと、職場の人間関係に深入りしないことであなたに良い影響があります。

ただし、いまの職場で人間関係に深入りしないことが無理な雰囲気なら環境を変えることも必要です。

今回の記事は、職場の人間関係に深入りしない方が良かった体験談や理由、対処法を確認することで、少しでもあなたの今後の参考にしてもらえば嬉しいです。

目次

職場の人間関係に深入りしない方が良かった体験談

体験談

職場の人間関係に悩んでいる人は約3割

職場の人間関係
出典:日本労働調査組合「職場の人間関係に関するアンケート」より引用

2021年に日本労働調査組合が行った調査によると職場の人間関係に悩んでいる、ストレスを抱えている人は全体の約3割ほどもいるそうです。

そのぐらい職場には人間関係に悩んでいる人がいるので、あなたも気にし過ぎる必要はありません。

もし職場の人間関係に必要以上に深入りしないで済むなら、この約3割の人の大部分も余計なトラブルや悩みも回避することができるでしょう。

あなたが職場の人間関係に深入りしたくないけど周りの目が気になると悩んでいるのなら、まずはクマサンの以前の職場での事例を参考にしてください。

きっと職場での人間関係の深入りしない方が良いと感じるはずです。

職場の人間関係に深入りしない方が良かった事例

以前の職場は、5名以内の少人数な部署。クマサンは中堅社員として業務に取り組む中、部署の業務量の増加を理由にある社員を採用しました。

その社員は優秀だったので、すぐにどんな業務でも任せられるように。

あなたの周りにもいませんか?初めてでも飲み込みが早く、当たり前のようになんでもできてしまう人。

クマサン

確かにいるんですよね~。なんでも自然とできちゃう人って

そんな優秀な社員に仕事を任せるのと比例して、他の社員との間で業務量や難易度に差があると溝ができていきました。

それに加えてどうしても仲が悪い古株の社員がいるようで、その間を取り持つための相談に乗ることでクマサンの業務外の負担も大幅に増加。

最終的には努力の甲斐なく、優秀な社員が仲の悪い社員とは一緒に仕事ができないと退職し、残ったのは増えた業務ストレスだけ。

クマサン

このときのストレスが原因なのか、突発性難聴まで発症するほどでした。

人によって職場での関わり方の違いもありますが、なるべく人間関係に深入りしない方が余計なストレスや悩みも抱える必要がありません。

もちろん人間関係に深入りすることで発生する悩みは人や職場ごとにあるので、一例として参考にしてください。

職場の人間関係に深入りしない方が良い5つの理由

5つの理由
  • 仕事とプライベートを完全に分けられる
  • 職場で仕事だけに集中できる
  • 人間関係のトラブルに巻き込まれない
  • 自分にとって適切な距離感を保つことができる
  • 人間関係が深まることで嫉妬の対象となる可能性がある

仕事とプライベートを完全に分けられる

職場は基本的に仕事を行う場所として、プライベートと分けて考えることができるのも理由の一つです。

職場によっては休日まで会社行事やフットサル、ゴルフなどに参加させられることがありますが、参加しないと決めることで、仕事以外にスキルアップや趣味、副業などに費やせる時間を増やすことができます。

そのため、職場に深入りせずに仕事とプライベートを分けることが大事です。

職場で仕事だけに集中できる

職場では周りと協力して仕事を進めるものですが、必要最低限のやり取りだけで人間関係に深入りせずに進めることで業務に集中することができます。

本来であれば仕事だけに集中していれば定時に終わっていたような仕事も、職場の人の愚痴や関係ない雑務に対応している時間の分だけ長引いてしまいますよね。

そうならないよう周りの目や人間関係を気にせず、仕事に集中して取り組むことで早く終わるようになります。

さらに高い成果まで職場で出すことができれば周りも自然とそのスタイルを認めてくれるようになります。

人間関係のトラブルに巻き込まれない

職場の人間関係に深入りしないスタンスを取っていることで、余計な人間関係のトラブルに巻き込まれるリスクをなくせます。

仕事以外に職場周りの仲の良いグループや派閥間の争いに巻き込まれてしまうと余計なトラブルの元となってしまいますが、深入りしないことで余計なストレスを抱え込む心配がありません。

そのため、職場の人間関係には深入りせずトラブルを回避することをおすすめします。

自分にとって適切な距離感を保つことができる

職場の人間関係に深入りしないことで、職場のメンバーに対して自分にとって適切な距離感を保つことができます。

職場で自分のプライベートなことを話したり同様に聞き返したりすることで、相手にもその近い距離感でいいんだと思わせてしまうことになります。

そのため、あまり近い距離感でのやり取りが苦手な人こそ相手に合わせずに、自分にとって適切な距離感を保ちながら接するようにすることが大事です。

結果として、それが人間関係や仕事に対して余計なストレスを減らすことにつながり、あなたが職場で長く働けていくコツにもなってきます。

人間関係が深まることで嫉妬の対象となる可能性がある

あなたが上司に気に入られている、家庭が非常に円満、副業が絶好調といったこと職場のメンバーに知られてしまうと嫉妬の対象となってしまう可能性があります。

嫉妬を引き起こすことで職場で仲がいいと思っていたあの人が実は影で邪魔をしていたり、陰口を言うようになるかもしれません。そのため、職場の人間関係に深入りし過ぎずに対応した方が良い場合もあります。

人間関係が悪化してしまうと、職場いじめにまで発展することもあるので注意が必要です。

職場の人間関係に深入りしない5つの対処法

5つの対処法
  • 職場で深入りしないというキャラを確立する
  • 会話の中で出す個人情報は最小限に
  • 職場の人間関係は50%ぐらいに力を抜く
  • 周りは気にせず定時に帰る
  • いまの職場で人間関係に深入りすることが無理なら環境を変える

職場で深入りしないというキャラを確立する

あなたが職場の人間関係で深入りしないというスタンスでいたい場合、周りからあなたのそのキャラを確立することで、相手からプライベートなことをを聞き出しにくく、深入りしにくい雰囲気を出すことができます。

ただし、このときにあなたが職場でそのキャラでいることを気にしてストレスが溜まったり、必要最低限の会話で関わろうとすると職場で浮いてしまったりすることもあるので、注意しましょう。

会話の中で出す個人情報は最小限に

職場のメンバーとの間の人間関係で深入りしたくない場合、あなたの個人情報はできるだけ最小限に出すようにしましょう。

職場の人間関係に興味のある人は、様々なメンバーのプライベート情報を集めたがっています。

その情報を他の人との話のネタや愚痴などのストレス発散に利用されたり、ひどいときにはハラスメントにまで発展することまで。

もし、あなたが深入りしたくないと思っているのに、聞かれたからといってしぶしぶ個人的なことまで話しているなら、相手が不快にならない程度に話を逸らしましょう。

毎回あなたから話を逸らしていくことで、相手からいろいろ聞かれることもなくなります。

職場の人間関係は50%ぐらいに力を抜く

職場の人間関係はほどほどに、50%ほどに力を抜いて対応することで余計な消耗を防ぐことができます。

この記事を読んでいるあなたは、職場の人間関係に深入りしたくないけど、周りの反応を気にしてしまいますよね。

職場内だけでなく家に帰っても気にしてしまっては、せっかくのプライベートな時間も台無しになってしまいます。

最初からは難しいと思いますが、少しずつ周りとの仕事のやり取りや休憩時間の関わり方などで上手く力を抜き、反応を気にしないようにしていきましょう。 

周りは気にせず定時に帰る

職場の人間関係に深入りしないために必要なこととして、自分の仕事は終わらせた上で周りは気にせず強い気持ちで定時に帰ることも大事です。

職場で残業するのが当たり前の雰囲気だと、自分だけすぐに帰ることは気が引けると思いますが、そのまま付き合いで残り続けていても何も良いことはありません。

むしろ、職場の人間関係に深入りしないためには、強い意志を持って定時で帰ることを目標としましょう。

クマサン

どうしても気になってしまう人は、強い気持ちを持って行動することが大事だよ!

いまの職場の人間関係で深入りしないことが無理なら環境を変える

あなたがいまの職場の人間関係に深入りしたくないと思っていても、職場自体がそれを許さないような雰囲気では、次第に追い詰められていってしまう可能性が高いです。

その職場で働き続けるとあなた自身が前向きに働くことができないようであれば環境を変えることも検討しましょう。

いまの職場だけに視野を狭めずに、あなたの本来の姿で仕事に取り組めるより良い職場がないか探してみることも大事です。

次の職場で人間関係に深入りしなくても済むよう、いまのあなたが仕事や職場に求めていることを再認識するための適性診断を完全無料の転職サービスのミイダスで行うことができます。

このサービスではあなたの転職市場における価値も自動で出してくれるので、いまのあなたがどのぐらいの評価されているのか一目で見ることができますよ。

あなたが本来の姿で活躍できる職場に転職できるようにいまから動き出しましょう!

まとめ|職場の人間関係に深入りしないならあなた本来の姿でいられることが大事

まとめ

今回の記事は職場の人間関係に深入りしない方が良かった体験談やその理由、対処法まで説明してきました。

職場の人間関係に深入りしない対処法は以下の5つがありました。

  • 職場で深入りしないというキャラを確立する
  • 会話の中で出す個人情報は最小限に
  • 職場の人間関係は50%ぐらいに力を抜く
  • 周りは気にせず定時に帰る
  • いまの職場で人間関係に深入りすることが無理なら環境を変える

職場の人間関係に深入りしないで職場に居続ける場合、あなた自身の本来の姿でストレスなく仕事ができることが大事です。

すでにいまの職場の人間関係に限界を感じているのなら、気付いたときには朝仕事に行きたくないという状況になる前にいまの環境を見直していくことが大事です。

今回の内容をぜひ参考にしていただき、働いている職場があなた本来の姿で前向きに仕事ができる環境になることを願っています。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる