≫ 退職後のお金の不安を減らす方法を知る

職場で心が折れたらまず見てほしい!退職する前に考えたい2つのこと

クマサン

もう会社も行きたくないし、何もしたくない。

楽しいと感じることもなくて、心が折れたみたいだ。

このように深刻に悩んでいる場合、心が危険な状態にあるため、すぐストレスの大元から離れることが必要。

人にはもともと自己防衛機能があり、自分ではここまでできると思っていても、これ以上は危険だと無意識に自らストップをかけることがあります。

そのため、職場の仕事で心が折れた状態のままだと、最後には精神的に参ってしまうことでうつ病や適応障害まで至ってしまう危険性が高いです。

そんな今回は、職場で心が折れて退職することを考えているあなたに、辞める前に考えておきたいことを説明していきます。

ピックアップ

●心が折れて限界まで精神的に追い詰められている場合、 などの退職代行サービスを利用することで、毎日眠れない夜に悩むこともなくなります。

●金銭的な理由から、いますぐに退職できないと限界まで耐えている場合、退職コンシェルジュの社会保険給付金サポートを活用することで悩みを減らせる可能性があります。

目次

心が折れた原因

”reson”

心が折れるまでに至ってしまった原因は、職場であなたがさまざまなストレスに直面してしまったことがあります。

特に以下の理由によって心身にストレスがかかることで、職場で心が折れることが多いです。

  • 何も上手くいかない無力感
  • 最悪な人間関係
  • 常に否定される環境

何も上手くいかない無力感

仕事を頑張っていても何も上手くいかないときに人は、心が折れてしまうことがあります。

頑張っているつもりでも、いつまで経っても仕事が上手くできるようにならないと心が折れてしまいますよね。

「どうしていつも自分だけ上手くいかないんだろう」

「ここまで頑張ればきっと結果が出ると思っていたけど、やっぱり上手くいかない」

という風にいつまでも仕事が上手くいかないことで、自分のことを責め続けることで心が折れてしまうことがあります。

ただし、本人と職場との環境が合っていないだけという可能性もあるので、自分を強く責めないことが大事です。

最悪な人間関係

最悪な人間関係の中で仕事を行うことで、日々のストレスを溜め込みやすくなり、心が折れてしまうことになります。

特に、

  • 悪口が絶えない
  • 職場中の仲が悪い
  • ハラスメントが横行
  • 職場いじめがある

などの特徴がある職場では、安心して仕事をすることができないですよね。

人間関係が最悪な職場にいるだけであなたに次々とストレスが降りかかってきてしまうため、早くにいまの環境を見直すことが必要です。

常に否定される環境

常に否定される職場にいるだけで、前向きな行動ができなくなることで次第に心が折れてしまいます。

どんなに職場のことを思って一生懸命やっていても、一言否定されるだけで心が折れてしまうこともあります。

それ以外にも、

「どうしてこんなことができないんだ」

「〇〇さんなら同じくらい教えてだけで、全部できたのに」

と言われるような職場では、心が折れても仕方がありません。

あなたが我慢して耐え続けていけばいくほど、いまの状況が悪化していく可能性もあります。

心が折れたときに現れる特徴的な症状 

職場で心が折れて退職を考えるほどだと、身体にまで特徴が出てきます。

症状の段階ごとの特徴をまとめたので、いまのあなたがどの段階にいるか確認してみることが大切です。

意外と自分ではまだ大丈夫、と思っていてもこれらの症状が少しでもある場合、早めに診察をした方が良いです。

特徴➀:何もやる気が起きなくなる

心が折れてしまう段階として、まず何に対してもやる気が起こらなくなってしまいます。

職場でのストレスや嫌なことが積み重なっていくと、プライベートで好きなことへのやる気がなくなってしまいます。

特に、

  • 息抜きもできない
  • 休日にどこも出かけたくない
  • 何も楽しいことがない
  • ひたすら身体と心を休めたい

といった感情に支配されるようになっていきます。

つまり、心が折れることによって、職場だけの問題ではなくあなたの私生活にも大きく影響してくるようになります。

特徴②:身体に異変が出てくる

次の段階では、気分が上がらない、やる気が出ないだけではなく、あなたの身体にまで影響が出てきます。

自分では大丈夫なつもりでも、仕事のことを考えると

  • 吐き気が止まらない
  • 頭痛がひどい
  • 食欲がなくなる
  • 熟睡できない
  • 変な汗が止まらない

といった特徴が出てくるようになると危険なサインです。

ただ単に職場で心が折れているだけだから次第に回復する、と捉えていると身体の重大なSOSを見逃してしまうことになります。

このようなサインがある場合、すぐに会社を休むことで心を休めるとともに、場合によっては精神科などに診てもらう必要があります。

特徴③: 仕事に行こうとすると自然と涙が出てくる

心が折れてしまった場合での末期として、職場自体に行くことができなくなります。

職場に行きたくないという思いだけではなく、自然と涙があふれてくるようになると、完全に心が折れてしまっています。

早くに精神科などに診てもらうことで、すぐに会社を休職する必要があるという診断書を出してもらえるはずです。

いまこの記事を読んでいるあなたが、どの段階にいるかで対応も変わってきますが、どの場合でも早めに行動を行う必要があります。

心が折れて退職する前に考えてほしいこと

職場で心が折れてしまって退職を伝える前に、

お金のことと、退職方法の2点はしっかりと考えておく必要があります。

お金について

心が折れてしまってすぐに退職したくなるのはよく分かりますが、辞めたあとのお金について事前に考えておく必要があります。

いま貯金がないから、すぐには職場を辞めることができないかもしれないと悩んでしまう人も多いです。

退職すると主な収入がない状態で、

  • 国民健康保険料
  • 住民税
  • 国民年金保険料
  • 家賃、食費 etc

など数々の毎月の出費がかかってきて、さらに頭を悩ませられますよね。

そのように悩んでしまって動けない人は、退職コンシェルジュの社会保険給付金サポートを利用するという手段があります。

普通に会社を辞めると通常3ヵ月ほどしか失業手当が給付されないところ、社会保険給付金サポートなら最大で28ヵ月もの間、給付を受けられる可能性があります。

LINEやメールで気軽に相談できるので、まずは相談してみて自分が対象かどうかだけでも確認することで、損する可能性を減らせるかもしれません。

>>社会保険給付金サポートに無料相談してみる

退職方法について

心が折れてしまう前に、すでに職場で追い詰められていてすぐに退職したい。

だけど上司や周りになんて言われるか怖い、退職なんて怖くてとても言い出せないという方もいるかもしれません。

そんな方は、労働組合法人が運営する退職代行SARABAなどの退職代行を活用するという手段もあります。

例えば、あなたがいつも仕事前に涙がでるほど嫌な気持ちに耐えた結果として、心が折れて精神的にも参ってしまったとしても会社は一切責任を取ってくれません。

あなたの心が正常に判断できないほど弱っているなら、大元の原因から離れるという決断をしなければ、現状は決して変わることはありません。

まとめ

今回は心が折れた原因や深刻度、退職する前に考えて欲しい内容を説明してきました。

  • 何も上手くいかない無力感
  • 最悪な人間関係
  • 常に否定される環境

これら心が折れる原因があるような職場では、あなたが全て悪いわけではないため、自分を追い詰めないようにしましょう。

まずは心が折れたいまのあなたの状態を振り返り、会社を辞めたあとのことを考えることが必要です。

そして、後から振り返った時にあなたの人生を後悔のないように、すぐに退職に向けて行動していけるようにしましょう!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる