おすすめの退職代行サービスランキングはこちら

職場で必要以上に話さない影響はある?そのままで上手くいくコツ紹介

クマサン

職場ではできれば仕事とあまり関係ない話はしたくないな。

でも、職場の雰囲気や周りの人の自分に対する態度も少し気になってしまう。

このような悩みを抱えている場合に結論から言うと、職場では業務に支障がなければ必要以上に話すことはないです。

ただし、周りと話さないことがきっかけで職場内で浮いた人にと業務に支障がでるケースもあります。

そんな今回は、職場で必要以上に話さないことの影響や上手くいくコツについて紹介していきます。

今回の記事を少しでもあなたの今後の参考にしてもらえたら嬉しいです。

目次

職場で必要以上に話さない人の特徴

無口で話すことがあまり好きでないタイプ

職場で何とか話せなくはないけど自分から積極的に話したくないと思っているのがこのタイプです。

話を振られても職場の人と何を話したらいいのか分からないため、ひたすら会話の聞き役に徹することが多いですよね。

そんな風に職場で振る舞っていると、周りからはあまり話したくない人なのかな、と思われることもあります。

職場での仕事に集中したいタイプ

このタイプの人は、一つのことに集中しているときに、話しかけられると途切れてしまうことを嫌う傾向にあります。 

仕事をできるだけ定時まで終わるように効率的に進めていきたいタイプで、報告・連絡・相談などは適切なタイミングで行うことができます。

ただし、黙々と目の前の仕事に集中するあまり周りからは元気がなかったり、疲れているように見えてしまうこともあります。

仕事とプライベートは明確に分けたいタイプ

仕事とプライベートは明確に分けて考える人も必要なこと以外はあまり話さないというタイプの人が多いです。

仕事とプライベートを明確に分けるタイプは、自分からもプライベートの話題を振らないことで、聞いてこないで欲しいというオーラを出していることも。

そのため、職場の周りの人も理解してくれる場合はいいですが、静かで気難しい人という印象を持たれることもあります。

職場で必要以上に話さない場合の影響

職場で必要以上に話さない場合、周りからの印象や仕事を進める上での以下のような影響が出ます。

  • 周囲から明らかに浮いて見える
  • 何を考えているか分からないと思われる
  • 周囲と馴染めていないと思われる
  • 職場で話さない態度に気に入らない人が出てくる

周囲から明らかに浮いて見える

職場で話さない人は、ある程度時間が経つと周囲が慣れてくれるケースもありますが、どうしても浮いているように見えてしまいます。

特に、自分が職場で浮いていると気にして悩んでしまう人は、そのことばかりに気がいってしまい、次第に仕事自体のやる気が低下してしまいます。

その雰囲気が周りにも伝わることで、さらに孤立が深まることで状況が悪化していってしまうこともあります。

何を考えているか分からないと思われる

職場で周りが雑談中に自分から何も話さないと、周りから「あの人は何を考えているか分からない」と思われてしまうこともあります。

無用なトラブルを避けるために話してないだけなのに、よく分からない人という認識を持たれることで、次第に避けられたりすることも。

その結果、職場に居づらくなるといった悪影響まで出てしまうこともあります。

周囲と馴染めていないと思われる

職場で必要以上に話さないことで、あなたの上司から見て上手く馴染めていないと判断されることも。

あなたが仕事に集中して頑張っているつもりでも、周りと上手く馴染めていないことがマイナスに捉えられてしまいます。

結果として、あなたが職場の人ともっと上手く話さないと、と気負ってしまうことで仕事自体がストレスとなってしまいます。

職場で話さない態度に気に入らない人が出てくる

職場で仕事のこと以外は話さないスタンスが気に入らないとして、悪口を言ったり周囲から孤立させようとしたりする人もいます。

職場で一度その状況まで陥ってしまうと、挽回はなかなか難しいです。

長く同じ職場で仕事を続けていきたい場合、できれば関係改善のための話し合いも時には必要となります。

しかし、それが気になり過ぎて精神的な負担が大きくなるならば、あなたが素のままで長く仕事を続けられる環境を探すために行動しましょう。

職場で必要以上に話さなくても上手くやるコツ

職場で周りを見て協力的に動くことを心がける

職場で必要以上話さないようにするには、周りから浮かないことです。

そのためには、業務に関することやそれ以外でも、周りの人が困っているときに率先して動けるように心がけることが大切です。

そうすることであまり話さないけど、周りを見ながらよくやってくれているという印象をあなたに持ってもらえます。

そこであなたの職場の立ち位置が確立するため、変に浮くことはなくなります。

職場で周りの人との間に無意識の壁を作らない

職場で必要以上に話さないで済むには、周りの人と壁があると思わせないことが大事です。

特に、近寄りがたいオーラを発していると、常に悪い意味で気にされたり、上手くやっていけるかな?と不安と思われたりしてしまいます。

職場では無理に話さなくてもいいので、周りの人を軽く意識しながら、同じような行動を心掛けて、あなたの中で無意識の壁を作らないようにしましょう。

周りとの無意識の壁をなくすことで、次第に職場からもあなたが怖い人ではなく、あまり話さないだけの人だと認識されるようになります。

職場であまり話さないキャラを確立させる

あなたが職場であまり話さないで済むには、そのキャラを確立させるように小さな自己開示を行うことが大事です。

特に、普段の話さない時とのギャップの印象を与えることができれば、より周囲から浮くこともなくなります。

例えば、職場であなたが音楽についての話題を振られたときに、

普段は話さず物静かなのに、実はハードロックが好きでライブにも行っている、などの意外な一面を見せるだけでも、相手の印象が大きく変わることがあります。

プライベートな話題をしたくない場合、相手が嫌に感じないよう上手くかわして話題を返しましょう。

そうすることで、相手との距離が離れすぎず、あえて話さないキャラという位置づけをすることもできます。

必要以上に話さないことで生じる職場の息苦しさに耐えられない場合

大事なのは、職場でのあなたが素のままのキャラを定着させながら、互いに仕事をやりやすく取り組める環境になっていることです。

職場や会社の社風に無理して合わせ、いつも息苦しさを感じている場合は、必要以上に話さないままでも業務に支障が出ない職場に移ることも一つの手段です。

また、上司や会社になんて言われるか怖くて退職を言い出せない人には、労働組合法人が運営する退職代行SARABAなどの退職代行を活用するという手段もあります。

あなたの人生の時間は決まっています。退職を言い出せなくて悩む時間ほどもったいです。

ぜひ一歩踏み出してあなたがそのままでいられる環境で前向きに仕事をできるように行動しましょう。

まとめ| 職場で必要以上に話さない場合は浮かないよう注意する!

今回は、職場で必要以上に話さないことの影響や上手くいくコツについて紹介してきました。

  • 周囲から明らかに浮いて見える
  • 何を考えているか分からないと思われる
  • 周囲と馴染めていないと思われる
  • 職場で話さない態度に気に入らない人が出てくる

職場で話さないことの影響は、思っているより大きいです。

できれば職場で必要以上は話したくないと思っている場合、なるべく職場では浮かないように注意して素のままのキャラで居られるよう上手く行っていきましょう!

そうすることで、周りとの理解も進み、職場の人とも必要な話だけで上手くやっていけるようになります。

どの場合でも、あなたが気負わずに素のままで仕事を続けられるということが大切です。

どうしても職場に合わなくてつらいと感じる場合、あなたに合う環境を探すために行動していきましょう!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる