<< 退職代行サービスランキング >>

おとなしい人が突然辞めるのはなぜか?4つの特徴と体験談から紹介!

クマサン

職場では周りの目があるからおとなしくしているけど息が詰まる。

いまの職場に不満があるけど、表に出したらなんて言われるか気になるからずっと言えない。そろそろ限界を超えそうだから、どうしよう。

こんなお悩みがある職場でおとなしいと言われる人は、限界を超える前にサッと職場から辞めてしまうことが多いです。

職場でおとなしい人は、周りを常に気にして、言いたいことも言い出せないストレスを抱えて仕事をしているので、普通の人より疲れやすいですよね。

実はクマサンも子どもの頃から”おとなしい人”だったので気持ちがよく分かりますし、突然辞めた経験もあります。

そんなおとなしい人は、本来のあなたの姿と職場との姿の間にギャップが大きいと、我慢してきたものに耐えられず突然辞めてしまうことになります。

我慢が限界を迎える前にいまの職場と上手く向き合うか、環境を変える準備を進める必要があります。

今回の記事でおとなしい人が突然辞めることになる特徴や体験談を紹介しながら、辞める前にやるべきことについても説明します。

ぜひ最後まで読んで、今後の参考にしてもらえたら嬉しいです。

ピックアップ

職場の悩みを周りに話せない人は、 の電話占いサービスを利用して相談することもできます。

24時間いつでも利用可能で初回登録3,000分無料クーポンもあって気軽に相談できます。

ずっと我慢してきた職場の悩み不満を話すだけでも、心が少し軽くなりますよ。

目次

おとなしい人が突然辞めることになる特徴

"feature"

おとなしい人が突然辞めることになるのには、特徴があります。

我慢を抱えながらおとなしく働く人は、働いている職場に前触れもなく見切りを付けて去っていくため、周りから突然辞めるように見られてしまうのです。

では、具体的におとなしい人が突然辞めることになる特徴が、どのようなものか説明していきます。

  • 本音を溜め込む
  • 職場とプライベートで2面性がある
  • 職場に期待していない
  • 常に我慢すべきと思っている

本音を溜め込む

周りからおとなしいと思われている人は、自分の本音を表に出せずに限界まで溜め込んでしまう傾向があります。

おとなしいと思われている人は、周りの人からどう思われているか常に気になってしまいますよね。

余計な一言が相手を傷つけたり、自分に跳ね返ってきたりすることを恐れてしまって本音を言えません。

普通の人なら気にないようなことでも自分が発する全ての言葉や言動が気になってしまって、何も発言できないことで周りから余計におとなしいイメージを持たれてしまいます。

職場にいる間は、ずっと本音を言えないストレスを抱えていますが、耐えきれなくなったときに突然辞めてしまうことになります。

クマサン

職場で周りの目や自分の言動が気になって、本音を言えずにおとなしい人というイメージを持たれることも多いです。

職場とプライベートで2面性がある

職場でおとなしい人の中には、プライベートではとても明るくなるような極端な2面性を持った人もいます。

誰しも職場で全てをさらけ出しているわけではないですが、特におとなしい人はそのギャップが大きいです。

プライベートな自分を職場で少しでも出せたらいいですが、ストレスや我慢を上手く解消できずに抱え込んでしまうことで、職場に行きたくなくなることも。

その結果、職場での日々の我慢が限界を迎えたときには、突然職場を辞めてしまうことになってしまいます。

職場に期待していない

おとなしい人は職場で働くメンバーに期待をしないことで、自分の中にイライラを抱え込まないようにしています。

なぜなら、相手に何かを期待していたことが外れると、自分が余計にイライラしてしまうため初めから期待しないことで溜め込まないようにしています。

例えば、相手に何かをお願いして動くのを期待するより、自分からやった方が早いからといろいろ先に行ってしまうのです。

普段は周りに期待しないことで自分のイライラを抑えていますが、自分でも気づかないところにストレスは溜まっていっていくことに。

その結果、あまりにも職場での扱いや理不尽な対応をされると、突然その場所に見切りを付けて辞めてしまうことになります。

常に我慢すべきと思っている

おとなしい人は、職場では常に何かに我慢しなければならないと考えていて、ストレスを溜め込んでいます。

自分よりも周りを優先しなければならないと感じているおとなしい人は、職場で常に相手目線で気を遣ってしまいます。

あなたの周りにもいませんか?

「そこまで気を遣ってもらわなくていいのに」

「逆に気を遣われてすぎて大変そう」

と思ってしまう人です。

そんなおとなしい人は、不平不満を表に出さずに中に溜め込んでしまうため、普通の人と比べて必要以上に職場で消耗することも。

結果、職場でずっと我慢していたストレスが限界に達したときに突然職場を辞めることになります。

おとなしい人が職場の人間関係で悩んでいるなら、深入りしないことでストレスを減らすこともできます。

クマサン

職場の人間関係に深入りしないことで日々受けるストレスを減らすことができますよ。

おとなしい人が突然辞めるタイミング

"timing"

おとなしい人が職場への不満を溜めて辞めることを表明するときには、周りからは突然だと思われますが、それまでに用意周到な準備や心構えができているものです。

その流れについて、かんたんに説明します。

用意周到に準備

おとなしい人は基本的に周りのことを考えながら行動を行うため、自分が辞めると決めたらその目的に向けて必要なことを準備していきます。

  • 担当業務や資料の整理
  • 引継資料の作成
  • 退職理由
  • 退職後の生活

などさまざまなことを表面上は不満が見えないように進めます。

特に、退職理由も決して本音の理由ではなく、どのような内容なら職場に伝えても印象が悪くならないか考えて本当のことも織り交ぜながら作ります。

まさに立つ鳥跡を濁さずということを心掛けて、最後の準備に取り組んでいくことになります。

計画後の実行は早い

準備が完了するとあとは職場に伝えるだけ。

動き出しから完了までの流れはとても早いです。

いきなり、

「少々お時間いただいてもよろしいでしょうか?」

と真面目でおとなしい部下から声を掛けられた上司も、まさか退職の相談とは思いませんよね。

よく言われる言葉に、

「まさか、あの真面目な〇〇さんが辞めることを考えているなんて分からなかった」

「悩みがあるなら、私に事前に相談して欲しかった」

と言われることがありますが、相談できなかったからこそ辞める決断をしています。

さらに、辞めることを決意したおとなしい人は、すでにその職場から離れることを決めているため、上司からの引き留めに応じることもありません。

”辞める”という言葉を伝えるときには、そのくらいの覚悟で伝えているんですよね。

そのままスムーズな段取りで退職までの流れが決まっていくことになります。

クマサン

辞めることを決めたおとなしい人は、静かな怒りを抱えているので止まることはありません。

おとなしい人が突然辞める体験談

"experience"

ここでは、実際におとなしい人が突然辞めることになった職場の体験談を紹介していきます。

辞めることになった経緯は?

辞めることを決めた会社は、約6年ほど勤めた地方の中小企業。

入社してから時間も経ち、会社のことも分かるようになったタイミングで退職を決意した理由はいろいろありますが、一番の理由は人間関係。

職場では、おとなしい人という印象を周りから持たれていたとともに、自分でもそのように振る舞っていました。

注意したのは、自分がおとなしいからと必要以上に話さないことで、職場で浮いて業務がやりにくくなることだけはないようにしていました。

職場で上司とは上手くやれていましたが、他の部署や全社であまり人間関係が良くなく、ストレスを我慢する日々が続いた結果、会社を辞めることを決意しました。

おとなしい人として突然辞めた影響は?

上司や会社に退職を伝えたときの反応は、やはり全員驚いて予想もしていない様子。

退職理由はもちろん当たり障りの内容でしたが、会社に残れるよういろいろと提案してもらったのに断るのは、心が痛みました。

上司も退職の決意が固いことが分かると、そのまま辞める流れになっていきました。

結果として、おとなしい人が退職を伝えても周りから驚かれはするものの、大きな影響はありません。

退職理由をしつこく聞いてくる人もいますが、上手くかわすことができれば問題はありません。

もし、あなたが抱えた不満が爆発するほどではない、あるいは解消できる方法があるならば、職場に残るという選択肢もあります。

なぜなら人間関係や仕事内容で許容できる範囲の不満なら、残ってた方がよかったと後悔することもあるからです。

おとなしい人が突然辞める前に考えるべきこと

"thing"

おとなしい人は、職場を突然辞める前にいまの職場に留まることができるのか、環境をすぐ変えたいのか考えておく必要があります。

限界までストレスを溜め込まない

いまの職場で辞めたいと考えていても、耐えることができそうな人間関係や仕事内容であれば残るという選択肢もあります。

そのためには、我慢している職場で溜まるストレスを溜め込まないこと。

おとなしい人は職場の人に相談することができずに、不満やストレスが溜まっていくなら、 の電話占いサービスを利用して相談することもできます。

いつも周りを気にして先回りして準備したり、失敗しないように配慮することはすごく疲れますよね。

ふと、

「なんでこんなに頑張ってるんだろう」

「私ばかりいつも職場のことを気にしているのに周りの人はわかってくれない」

と感じることもあります。

そんなストレスを抱える毎日だと、いつか限界がきてしまうのもよく分かります。

そうなる前に少しずつ誰かに話すことで、心の中のモヤモヤした気持ちが軽くなっていきますよ。

の電話占いサービスなら24時間いつでも利用可能で、初回登録3,000分無料クーポンもあって気軽に相談できます。

ずっと我慢してきた職場の悩み不満も気軽に相談できますよ。

突然辞める前に転職先を考える

いまの職場を辞めると決めたら、次はどの場所ならストレスが少なく仕事が出来そうか考えてから転職先を見つけることが大切です。

どんな職場や仕事ならストレスが少なく続けられるか探すために、特性や性質が分かる適性診断を完全無料の転職サービスのミイダスで行えます。

あなたの特性を活かした職場でストレスなく働けるようにいますぐ行動しましょう。

限界を超えそうなら自分を優先する

おとなしい人は職場で我慢してしまった結果として、辞めてしまうことになります。

そのため、限界を超えそうなら何より自分を優先して行動することが大切です。

おとなしい人の中でも、特に周りを優先しすぎて自分が退職すると迷惑がかかるからと言い出せない人。

上司が怖すぎて退職を言い出せない人などは、そのままだと自分が精神的に追い詰められてしまいます。

そんな人には、のような退職代行サービスを利用することで環境を変えることができますよ。

いまのまま職場の我慢を溜め込んだ状態で限界を迎える前に、退職代行を利用することで前を向いて人生を歩めるようになります。

クマサン

職場で我慢し続けるのはツライですよね。自分で言い出せる人はいいですが、言えない人は退職代行を利用することも選択の一つですよ。

まとめ|おとなしい人が突然辞めるのは我慢しすぎた結果!

"summary"

今回の記事でおとなしい人が突然辞めることになる特徴や体験談を紹介しながら、辞める前にやるべきことについて説明しました。

  • 本音を溜め込む
  • 職場とプライベートで2面性がある
  • 職場に期待していない
  • 常に我慢すべきと思っている

おとなしい人は、基本的に周りを常に気にしていたり、どう思われるか考えてしまう傾向にあります。

その結果、職場で普通の人と比べて本音が言えずに我慢することでストレスを抱えてこんでしまい、最後に爆発する形で辞めてしまいます。

おとなしいあなただからこそ、周りのことをよく考えてしまいますが、自分を大事にすることが大切です。

もし、あなたがいまの職場でまだ続けられる負担であれば、なるべく続けた方が望ましいです。しかし、すでに我慢の限界を迎えていて準備も終えているなら、何も気にすることなく職場を去ることにしましょう。

あなたが考えているほど、残された職場での噂話や悪影響はないので、今後ストレスが少なく前向きに仕事ができる環境で働けるようにしていきましょう!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる